ホームページを 1から作るのには、専門的な知識と多少のデザイン性が必要です。

まして、誰にでも見てもらえるように、検索エンジンに上位表示されるようHTMLソースを W3C推奨にするなんて普通の人には出来ませんね。

賢威は、その辺をすべてクリアーしたすばらしいテンプレートです。

現在、月額数万円とお金を払って、検索エンジン攻略をしてもらい、グーグルやヤフー等の検索エンジンに上位表示するためにお金をかける

ことも珍しいことではありません。

賢威は、そのノウハウも学ぶことが出来ます。

 

ただのテンプレートだけではなく、SEOを勉強するのにも現時点で最高クラスと言えるでしょう!

店舗のホームページを作ったのに誰も見てくれていない。

お小遣い稼ぎのサイトを作ったのに誰も見てくれない。

 

そう!

 

折角の広告媒体が無駄にならないように検索エンジン攻略をするのです!

その知識を覚え、テンプレートでホームページを自作する時間を短縮することで余分なお金も労力も使わなくてよくなりますね。

SEOのノウハウを覚え、検索エンジン(SEO)に強いテンプレート

それが「賢威」と言えるでしょう。

 

でも、良い良いと言われもホントかな?って思いますよね?

あの本すごく参考になるよって言われて、いざ買うと「え~!」と感じたことある人も多いと思います。

ちょっと中身読んでから買えばよかったと・・・・・・


だから、賢威ってどんなもの?

と言うことになると思うのでそこをチラッと紹介してみます。

 

テンプレートは、なんと!

1,428種類

HTML用・wordpress用・Movable Type用のそれぞれ1,428種類用意してあります。

SEOに関してのノウハウですが

内的SEO編

第一章:本編をお読みいただく前に

  1. Webは検索エンジン主体の時代から、ブランド主体の時代へ
  2. SEOの概念を変えたGoogleのQDFアルゴリズム
  3. 一般キーワードを逆転する固有キーワード
  4. twitterが強力な情報発信源となる時代①
  5. twitterが強力な情報発信源となる時代②
  6. これまでのSEOの考え方
  7. 2010年からのSEOの考え方
  8. コンテンツに魅力が無いと上位表示しにくい時代へ突入
  9. 弊社が有料リンクを否定する理由
  10. SEOを成功させるために必要な7つの要素
  11. 第二章以降をお読みいただく前に

第二章:ツールの導入

Firefoxを最強のSEO分析ツールとしてカスタマイズ

  1. Firefoxはカスタマイズによって本領を発揮する
  2. Firefox用アドオン①:はてなブックマーク
  3. Firefox用アドオン②:SEO Quake
  4. Firefox用アドオン③:SBMカウンタ
  5. Firefox用アドオン④:Web Developer
  6. Firefox用アドオン⑤:Googleツールバー①
  7. Firefox用アドオン⑤:Googleツールバー②
  8. Firefox用アドオン⑤:Googleツールバー③
  9. よく使用する検索コマンド

SEO業務を高速化する、3大アプリケーション

  1. アプリ①:検索順位チェックツール「GRC」
  2. アプリ②:サイトマップメーカー
  3. アプリ③:マインドマネージャーLite

SEO分析&実行に必須のWEBサービス

WEBサービス:Google キーワードツール
  1. Googleキーワードツールの使い方①
  2. Googleキーワードツールの使い方②
WEBサービス:Google ウェブマスターツール
  1. サイト設定①サイトマップの送信
  2. サイト設定②クローラのアクセス制御、サイトリンクの確認
  3. サイト設定③アドレスの変更、使用するドメインの設定
  4. ウェブ上のサイト①検索クエリの確認
  5. ウェブ上のサイト②検索クエリの確認
  6. ウェブ上のサイト③検索クエリの確認後、仮説を立てる
  7. ウェブ上のサイト④改善策を考案
  8. ウェブ上のサイト⑤被リンク元のURLの確認
  9. ウェブ上のサイト⑥被リンク元のアンカーテキストの確認
  10. ウェブ上のサイト⑦Googleが認識しているサイトテーマの確認
  11. ウェブ上のサイト⑧内部リンクと、RSS/ATOMフィードの購読者数の確認
  12. 診断①マルウェアの存在、クロールエラーページの確認
  13. 診断②クロールの統計情報でGooglebotの活動を確認
  14. 診断③重複しているdescription、タイトルの確認
  15. Labs①Googleでの実際の表示確認、サイドウィキの編集
  16. Labs②ページの表示速度の確認
WEBサービス:Yahoo!サイトエクスプローラー
  1. インデックス数、クロールエラーを確認する
  2. サイトエクスプローラーでのサイトマップ送信
  3. Yahoo!でのインデックス状況の確認
  4. 「被リンク元ページ」の確認
WEBサービス:Google Analytics
  1. インテリジェンス機能を使い、突然のアクセスの変化を見逃さない①
  2. インテリジェンス機能を使い、突然のアクセスの変化を見逃さない②
  3. インテリジェンス機能を使い、突然のアクセスの変化を見逃さない③
  4. Google Analyticsで計測できる基本項目
  5. ユーザー項目の解説
  6. トラフィック項目の解説
  7. コンテンツ項目の解説
  8. クリックパターンのデータを使い、リンクの配置を再検討する
WEBサービス:Google Reader
  1. Firefox用のアドオン「Greasemonkey」を使って、Google Readerを便利にカスタマイズ①
  2. Firefox用のアドオン「Greasemonkey」を使って、Google Readerを便利にカスタマイズ②
  3. フィードの「全文配信」と「部分配信」の効果を比較する
  4. ライバルや同業者のフィード購読者数を確認する
WEBサービス:はてなブックマーク
  1. はてなブックマークの基本構造
  2. ホッテントリと注目のエントリー
  3. はてなブックマークが持つ大きな伝幡力
  4. ホッテントリ入りの威力
  5. ホッテントリ入りするにはどうすれば良いか?
  6. はてなブックマークとネットリテラシー
  7. はてなブックマークのアカウントには、個別にリンクスコアが与えられている
  8. 「お気に入り」「お気に入られ」について
WEBサービス:Twitter
  1. twitter内の呟きをGoogleで検索可能な「アップデート検索機能」
WEBサービス:TOPSY

第三章:ターゲットキーワードの選定

新時代のキーワード選択法

  1. 数年前と大きく変わったこととは?
  2. リンクを張ってもらえるコンテンツのためのキーワードを選び①
  3. リンクを張ってもらえるコンテンツのためのキーワードを選び②
  4. 関連キーワードとは?
  5. 関連キーワードと、ターゲットキーワードの出現頻度新時代のキーワード選定法
  6. ここまでのまとめ

ペルソナマップを作る

  1. ペルソナマップの考え方①
  2. ペルソナマップの考え方②
  3. ペルソナマップの考え方③
  4. ペルソナマップの考え方④
  5. 複合キーワードを選ぶ際は、最後に「?」クエッションマークの入るキーワードを選ぶのも良い
  6. 一つのペルソナから複数のペルソナをリストアップ
  7. 前半のまとめにペルソナマップを加えてみる

形態素解析チェックを行う

  1. 形態素解析とは?
  2. 上位表示されない時は、形態素解析を疑ってみる
  3. あえて形態素分散させ、複数キーワードでの上位表示を狙う
  4. ターゲットキーワードの選び方まとめ

即効性の高い関連キーワード

  1. 商品に対して興味のあるユーザーを対象に、販売・アフィリエイトする場合
  2. 学びたいユーザーを対象に、ノウハウなどを提供する場合
  3. 悩みを解決したいユーザーを対象に、解決策を提案する場合

第四章:戦略シナリオの設定

  1. 戦略シナリオの設定
  2. 制作編①全体シナリオの確認
  3. 制作編②「事前調査」と「コンセプトシート」の作成
  4. 制作編③「SEOプランニングシート」の作成
  5. 制作編④「マーケティングシート」の作成
  6. 制作編⑤実制作
  7. 運用編①全体シナリオの作成
  8. 運用編②アクセス解析、順位チェック、評判検索
  9. 運用編③マーケティング、仮説・検証

第五章:サイト構造の最適化

  1. ドメイン、ファイル、ディレクトリのネーミングルール①
  2. ドメイン、ファイル、ディレクトリのネーミングルール②
  3. ドメイン、ファイル、ディレクトリのネーミングルール③
  4. ディレクトリを作る際のルール
  5. ディレクトリマップを作る
  6. ディレクトリマップ賢威テンプレートの場合
  7. サイトマップページ(HTML)の準備
  8. サイトマップXML(sitemap.xml)の準備①
  9. サイトマップXML(sitemap.xml)の準備②
  10. パン屑リストの設置
  11. URLの統一
  12. ドメイン移転、ディレクトリの変更、リンクスコアの統一など、301リダイレクトを使う方法
  13. canonicalによる正規URLの設定①
  14. canonicalによる正規URLの設定②

第六章:リンク構造の最適化

  1. 内部リンクのルール
  2. 「rel=“nofollow”」の正しい使い方①
  3. 「rel=“nofollow”」の正しい使い方②
  4. アンカーテキストの最適化①
  5. アンカーテキストの最適化②内部リンクのアンカーテキスト
  6. アンカーテキストの最適化③内部リンクチューニング例
  7. アンカーテキストの最適化④内部リンクチューニング例
  8. アンカーテキストの最適化⑤リンクスコアは各エリアによって異なる
  9. アンカーテキストの最適化⑥エリア別リンクスコアチャート
  10. アンカーテキストの最適化⑦最もリンクスコアが高いと思われるアンカーテキストの位置
  11. アンカーテキストの最適化⑧リンクスコアが高いエリアを図解で表示
  12. アンカーテキストの最適化⑨外部リンクのアンカーテキスト
  13. アンカーテキストの最適化⑨1ページに設置するリンクは100個未満を心がける
  14. 発リンクの最適化①オーソリティー&ハブの概念
  15. 発リンクの最適化②発リンク先の選出
  16. 発リンクの最適化③引用タグを使用し、ミラーページスパム判定を回避

第七章:ソース構造の最適化

headタグ編

  1. タイトルタグの最適化
  2. Meta要素文字コードの指定
  3. Meta要素keywordsの記述
  4. Meta要素descriptionの記述
  5. Link要素携帯サイトURLの指定
  6. Link要素サイトマップURLの指定
  7. Link要素RSS/ATOMフィードの指定
  8. Link要素CSS/Javascrptの外部化
  9. Link要素canonicalタグの使用

bodyタグ編

  1. 見出しの最適化<h1>
  2. 見出しの最適化<h2>~<h6>
  3. <h2>の正しい使い方①
  4. <h2>の正しい使い方②
  5. <h3>を使った<h2>のチューニング
  6. 見出しタグは入れ子構造を意識する
  7. ニュースサイトでの見出しタグの使用例を解析①
  8. ニュースサイトでの見出しタグの使用例を解析②
  9. 強調タグの最適化
  10. 画像タグの最適化
  11. W3Cへの準拠、HTML&CSSの検証
  12. ペナルティ回避編

Google、Yahoo!各社のコンテンツガイドラインを確認する

  1. Googleでスパム判定される原因
  2. Yahoo!でスパム判定される原因
  3. 「text‐indent: ‐9999px」は使用しない
  4. タイトルタグやdescriptionをユニークにする
  5. 見出しタグ内でキーワードを連呼しない
  6. 読みやすいテキストを用意する
  7. Yahoo!でTOPページが表示されなくなった場合のリカバリ策

外的SEO編

第一章:本編をお読みいただく前に

  1. リンク販売会社の現状
  2. Googleでの有料リンクサービスのペナルティ
  3. Yahoo!での有料リンクサービスのペナルティ
  4. 有料リンクは順位リカバリを難しくする
  5. 有料リンク以外の外部リンク対策とは?
  6. 有料リンクでペナルティを受けないためには?
  7. SEO業者との契約で注意すべき5つのポイント

第二章:今、効果の高い外部リンク

  1. いつ?どこで?どんなふうに?リンクが張られたかを考える。
  2. リンクパターン①
  3. リンクパターン②
  4. トラストランクの高いサイトからのリンク①
  5. トラストランクの高いサイトからのリンク②
  6. 「中古ドメイン」からのリンクについて
  7. IP分散のリンクとドメイン分散のリンクを考える
  8. ページ内のエリア別リンクスコアを考える①
  9. ページ内のエリア別リンクスコアを考える②
  10. コンテンツ型メニューのリンクスコアは高い
  11. コンテンツ型メニューのソースを考える
  12. コンテンツ内リンクを考える
  13. QDFアルゴリズムによる副作用。リンクの継続性を考える
  14. 更新頻度の高さはSEOにおいて本当に重要なのか?

第三章:リンク構築の基礎知識

  1. 4つのリンク属性
  2. リンクパターン別スコア表
  3. 誤解されている相互リンク
  4. 相互リンクを依頼すべきサイトとは?
  5. 相互リンクを承諾すべきサイトとは?
  6. 相互リンクを断るべき、サイト例①
  7. 相互リンクを断るべき、サイト例②
  8. 「Yomi‐Search」へのサイト登録について
  9. 相互リンク依頼メールの書き方①
  10. 相互リンク依頼メールの書き方②「メールを読む相手への気遣いを持つ」
  11. 相互リンク依頼メールの書き方③「サイトの情報から、相手をプロファイリングする①」
  12. 相互リンク依頼メールの書き方④「サイトの情報から、相手をプロファイリングする②」
  13. 相互リンク依頼メールの書き方⑤「実際にメールを書いてみる」
  14. 相互リンク依頼メールの書き方⑥「メール例文からポイントをおさらいする①」
  15. 相互リンク依頼メールの書き方⑦「メール例文からポイントをおさらいする②」
  16. 相互リンク依頼メールの書き方⑧「メール例文からポイントをおさらいする③」
  17. 究極の相互リンク「相互紹介」

第四章:サテライトサイト作成の注意点

  1. メインサイトのテーマを補うためのサテライトサイト
  2. サテライトサイトを作る際は、3世代構造を意識する
  3. 国内ブログ一覧①
  4. 国内ブログ一覧②
  5. 国内ブログ一覧③
  6. 国内ブログ一覧④
  7. 国内ブログ一覧⑤

第五章:オーガニックリンク戦略

  1. オーガニックリンクが発生する流れ①
  2. オーガニックリンクが発生する流れ②
  3. オーガニックリンクが発生する流れ③
  4. ソーシャルブックマーク一覧(rel=“nofollow”無し)
  5. twitter API派生サービス一覧(rel=“nofollow”無し)
  6. 発想の変換
  7. インフルエンサーとは誰か?
  8. インフルエンサーに紹介してもらうために
  9. 重要なプロファイリング
  10. コンテンツの存在に気付いてもらうための方法
  11. 一般ユーザーに受けるコンテンツを調査する

第六章:リンクがどんどん増えるコンテンツプランニング

  1. 日本人は「まとめ記事」と「数字」に弱い
  2. 「あとで読む」人達をターゲットにする
  3. ブログ記事は「タイトル」が命
  4. タイトルのインパクトを強化する「接頭語」「接尾語例」①
  5. タイトルのインパクトを強化する「接頭語」「接尾語例」②
  6. タイトルのインパクトを強化する「接頭語」「接尾語例」③
  7. ブログ記事は「読みやすさ」も命
  8. バイラルコンテンツを作成する①
  9. バイラルコンテンツを作成する②
  10. バイラルコンテンツを作成する③
  11. 見積書テンプレートや、請求書テンプレートなどを配布する
  12. ブログパーツを配布する
  13. プレスリリースを配信する
  14. プレスリリースの書き方①
  15. プレスリリースの書き方②
  16. プレスリリースの書き方③

第七章:その他、有効な被リンク元まとめ

  1. 有料ディレクトリサービスなど
  2. ソーシャルブックマーク一覧(nofollow無し)

 

動画マニュアル

濃厚サポートフォーラム

これがすべて「賢威」です。

 

サポートフォーラムも分からないことがあれば検索するだけでも、すごい価値のあるものです!

テンプレートだけじゃなく、この内容の濃いSEOの知識がすごいです。

SEOは、不透明なところが多くてまともに学ぶのが難しいのですが

この「権威」は、わかりやすくきちんと説明してくれているところがすごいなぁ~って思いました。

 

しっかりとお小遣いや収入が欲しい・ホームページをしっかりとした広告媒体にしたいのであれば

手元においておいて損はないと思います。

権威の詳細&購入はこちらから